聖書に基づいた正統派キリスト教会★札幌クリスチャングループ

霊的戦いの教会

「霊的戦い」といっても日常の信仰生活からかけ離れたものではありません。聖書はまず第一に「神に従うこと」(ヤコブ4:7)がサタンを退ける方法であると書いています。また、賛美も同様です。ですから普通のクリスチャンが普通に御言葉につながり、賛美をするときにそれは霊的な守りをもたらしていることを意味します。

ある人は「イエスが2000年前にすでに勝利をとられたのでもう戦いは必要ではない。」と考えますが、まず確認しておきたいことは、イエスはすでに勝利を取られているということです。ですから私たちの戦いは勝つか負けるかの戦いではなく、すでに手にした勝利を取りに行く戦いなのです。

わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

手にする事と治めることの違い

建物を購入するのに仲介業者を通じて購入するのが普通ですが、裁判所の競売物件であればよい安く買えます。
しかし、その建物を、下見もせずに購入するのは危険です。誰もいない無人のビルではなく人が住んでいる可能性もあるからです。

どうして、そんなことが起こるのでしょうか?  それは、前のオーナがその人たちと結んだ古い契約が残っているからです。彼らはそこに居座る権利を持っているからなのです。つまり建物を所有することと、そこを自分が使える状態にするのとは別のことだということです。 このたとえは、そのまま今日にも霊的戦いがあることを示しています。

この教えの続きはどうぞ下のビデオギャラリーをご覧ください。

教え:霊的戦いの基礎